B型肝炎について

B型肝炎は、血液や体液を介して感染するウイルス性の肝臓の病気です。
肝炎には他にもA型肝炎やC型肝炎がありますが、B型肝炎はA型肝炎と同じように一過性である場合が多く、急性肝炎になった後にウイルスが体外に排除されるので、慢性肝炎になることはあまりないと言われています。
ウイルスが排除された後は、ウイルスに対する免疫ができるので、二度と感染することはありません。

しかし、近年では欧米から新しいタイプのB型肝炎が日本に入ってきてしまい、若い人を中心に感染する人が増加しています。
今までのB型肝炎とは異なり、慢性化しやすいので注意が呼びかけられています。
B型肝炎ウイルスがどのようにして感染するのかをよく理解して、感染しないように注意する必要があるでしょう。

B型肝炎の症状は、肝臓は沈黙の臓器と言われているだけに、これといった自覚症状がありません。
急性B型肝炎の場合は、倦怠感や吐き気、食欲不振、黄疸などの症状が起こることがありますが、数週間で治まる人がほとんどです。
その後1、2ヶ月でB型肝炎ウイルスの免疫が出来上がりますが、稀にB型肝炎ウイルスが体外に排出されずに慢性化してしまう人もいます。

慢性肝炎になってしまうと、肝硬変や肝臓ガンに移行しやすくなるので注意が必要です。
慢性肝炎になってしまってからでは遅いので、B型肝炎に感染しないようにすることが大切です。
当サイトは、B型肝炎の感染経路や予防方法などについて説明していますので、当サイトを参考にして、B型肝炎ウイルスに感染しないようにしていきましょう。



※注目サイト
B型肝炎ウイルスの感染してしまった場合に給付金請求の代行を行ってくれるサイトです -> B型肝炎 給付金